Fairy鯖で戦士をやってる自分が、ゲーム(特にFF11)とその他諸々について書くかもしれないブログです。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/17(木)22:31
ども、1週間の中で木曜日が一番辛いと感じるヴァサラです。今日は1日中死んでました・・・


さて、今日は返ってきたリアクションの感想でも。

返ってきたリアクションは「栄光は誰のために~火線の迷図~(第2回/全3回)」です。

まず結果だけ書きますと、今回は完全に失敗でした。

それどころか、階級が【士官候補生】から【一兵卒】へ降格という、傍から見れば情けない結果に終りました。おそらく今回の失敗原因は自キャラが教導団員でありながら軍人の役目を果たさなかったことに尽きるでしょう。

しかし、感想は決して不満ではありません。それどころか、
反省こそしているが、後悔はしていません!

キャラの「行動」はほぼ行殺されてしまいましたが、キャラ「らしさ」は出てたと思うので、満足はしていませんが、納得はしています。

自キャラは「軍人」というより「侍」に近いキャラなので、所謂「軍隊」である教導団的に扱いにくいキャラだとは思います。特に今回のような戦争シナリオで判定が厳しいものであればなお更でしょう。だからといって、自分は自キャラの進もうとする道を曲げるつもりはありません。

ですから、今後の目標は「軍人」として振舞いつつ、いかに「侍」としての道を貫けるか、だと思います。このまま自分勝手な道を進めば、同じように行殺を辿るのは必至なので、これからのアクションはもう少し考えようとは思います。ですが、そんな中でもいかに「自分らしさ」、自分の場合は「侍らしさ」を出していけるのかが、このゲームの面白さだと思います。

退かぬ、媚びぬ、省みぬの精神で頑張っていくつもりです。まぁ、反省はしましたけどねw

自キャラ以外の感想だと、教導団のヒーロー「シャンバラン」こと神代さんが、自分と同じような考え方をしていて、少し嬉しかったです。彼も自分と同じく降格という扱いになってしまいましたが、彼の登場シーンは彼らしくて良かったと思います。

3回目は間髪待たずに明日来るらしいので、ちょっと中の人の金銭面と時間面で辛いところがありますが、満足のいく結果を残せるように頑張りたいものです。


それではまた(´・ω・`)ノシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://likevajra.blog49.fc2.com/tb.php/148-fa487263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Profile

ヴァサラ

Author:ヴァサラ
FPS系でのHM:ふーじろう
Fairy鯖で活動中のヘタレ戦士です(´・ω・`)

不定期で、書きたい事を書きたい時に書きたいだけ書きなぐります(゜Д゜)b

自己紹介はこちら

カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事
カゴテリ

月別アーカイブ
最新コメント
Links

最新トラックバック
※注意※

コメントやリンクはじゃんじゃんしちゃってください。中の人が喜びます。たぶん・・・。 また、不自然・危険なサイトへのURLはくれぐも踏まないようにしてください。見つけ次第削除します。記事に関係のないトラックバックも削除するつもりです。ご了承ください。

RMTダメ、ゼッタイ!
STOP RMT!! プラチナリボン運動

蒼空のフロンティア

蒼空のフロンティアをプレイ中

MC:前田 風次郎(地球人) bu00035881_20100117181015.jpg

LC1:仙國 伐折羅
LC2:弓月 御法
LC3:天 叢雲

シャンバラ教導団でプレイ中

蒼フロLinksはこちら

※注意(蒼フロ)※

このブログに使われているイラスト(BU・IC等)は、『蒼空のフロンティア』用のイラストとして【Kotaro】【松】【UENO】【もりさわともひろ】【濃茶】【朝梟】【上弦幸平】【楽我鬼】絵師様に描いて頂きました。

使用権はヴァサラに。
著作権は絵師様に。
全ての権利はフロンティアワークスが所有します。

Flash MP3 Player
勇者Vasaraの旅Ⅱ


ブログで勇者を育成 / ブログでレベルアップ
↑よろしければクリックしてやってください

検索フォーム

RSSリンクの表示
NINJA
 | 伐折羅が如くTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。